Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア 観光地 エアーズロック

メルボルンから飛行機(ジェットスター)でエアーズロックへ行ってきました~
※メルボルン・タラマリン空港~エアーズロック空港(往復275ドル)
IMG_20180418_182903.jpg

車で行く、アリススプリングス経由で行く時間のない人は飛行機でエアーズロックまで飛ぶことをお勧めします。
エアーズロック空港からエアーズロックリゾートまで無料のシャトルバスが出ていますので移動には困りません。
帰りもホテルから空港まで無料のシャトルバスがあります。

IMG_20180418_124241.jpg
IMG_20180418_124256.jpg

僕が泊まった宿泊施設は『パイオニアロッジ』他のホテルと比較しますと安めになりますので、お金をセーブしたい人には良い宿泊施設です。裏の展望台からはエアーズロックが見えます。少し遠いですが、しっかり見えます!!

IMG_20180418_131449.jpg
IMG_20180418_132245.jpg


初日は午後からサンセットツアーに参加
エアーズロックを近場で見た後に少し離れて全体が見える位置で撮影タイム!

IMG_20180418_164322.jpg

壁画

IMG_20180418_165548.jpg

ワインタイム
IMG_20180418_183003.jpg

ここでワインやスナックのサービスもあり!
IMG_20180418_183043.jpg

2日目はサンライズツアーとカタジュタ(風の谷)へ
IMG_20180419_070752.jpg

サンライズ
IMG_20180419_070459.jpg


カタジュタ
IMG_20180419_090408.jpg


3日目は自分の中で今回のメインであるキングスキャニオン!!
ここは絶対に行くべきスポットです。

IMG_20180420_100937.jpg

IMG_20180420_101018.jpg

IMG_20180420_113820.jpg


違う惑星に来たような感覚を得られます!

IMG_20180420_103005.jpg

IMG_20180420_112353.jpg

エアーズロック行く方は一緒にカタジュタとキングスキャニオンも行くべき!!
特にキングスキャニオンはオススメ!!

メルボルンはスポーツも盛ん!!

メルボルンではフッティを始め、クリケット、サッカー、バスケ、テニス、野球など様々なスポーツチームがあります。
特にフッティはメルボルン発祥であるためメルボルン周辺だけで10チームもプロチームが!!
サッカーはオーストラリアリーグ他、アジアチャンピオンズリーグなども開催されます。

IMG_20171223_215813.jpg

メルボルンダービー!!
メルボルンビクトリーVSメルボルンシティ

IMG_20171223_233927_007.jpg

テニスでは1月に全豪オープン、

IMG_20180128_185844.jpg
全豪オープン決勝 パブリックビューイング
ヤラ川沿いを会場方面に歩いて行ったらゲート手前に観戦エリアがあります。

IMG_20180128_201958.jpg
ビール飲みながら観戦!他にもフィッシュアンドチップスなども売ってます!

IMG_20180128_191801.jpg

野球でもウインターキャンプを利用して日本のプロ野球選手が試合に出ることもあります。

IMG_20171217_130209.jpg

IMG_20171217_142638_816.jpg

試合後はグラウンドにも入れます。運が良ければ選手とも話すことが可能!

IMG_20171217_162522.jpg

バスケも日本よりレベルが高いので楽しめること間違いなし!!
このようにメルボルンはスポーツも盛りだくさんですので、メルボルン在住でスポーツに興味のある方は是非一度観戦に訪れてみてはいかがでしょうか?
※野球以外はメルボルンシティ内、オリンピックパーク内に会場があります。

Melbourne(メルボルン)観光~その8 Ashcombe Maze & Lavender Gardens

メルボルンから南へ!モーニントン半島
今回はモーニントン半島にあるAshcombe Mazeへ行ってきました。(2018年4月)
IMG_20180416_123826.jpg

が、
あいにくの雨...
てことでカフェで早めの昼食
IMG_20180416_112903.jpg

美味いハンバーガーとバナナシェイク飲みながら待つこと30分、小降りになってきたので早速Mazeへ
IMG_20180416_121634.jpg
ただ思っていたのとちょっと違う。木が全然成長しとらん!!
パンフレットのような写真が撮りたかったのに残念でした。


一応この噴水の左側はパンフレットのような生い茂った木の迷路がありますが上からの写真は撮れません。迷路を楽しむだけなら可能!写真を撮りたい方は直接問い合わせるかしたほうがよいと思います。
IMG_20180416_110527.jpg

ラベンダーガーデンなど多種多様のガーデンがありますので、植物好きな人は楽しめます!!
IMG_20180416_120431.jpg
IMG_20180416_121028.jpg

入口の看板
IMG_20180416_110131.jpg

行き方
車:メルボルンシティから約1時間半
電車:Frankstonまで約1時間 FrankstonからバスでNelson Stまで約1時間20分、Nelson StからMazeまで徒歩20分
電車バスですと3時間ほどかかり中々ハードです!行くなら車がベスト!

Open every day from 9am – 5pm

ケンタッキー(KFC)9ピース$9.95 お買い得情報

オーストラリアのKFCでは毎週火曜日チキン9ピースが$9.95で買えちゃいます!!
ケンタッキーが無性に食べたくなったら火曜日にKFCにGoです!!
9ピースも食べれないという人は友達とシェアすればさらにお買い得!

31698957_1487516964691485_5202179369484681216_n.jpg

※時期によってはこのセットが販売されていないこともございます。またメニューに載っていない、表示が何もない場合でもカウンターで言えば出してくれることもありますので、オーダー可能か否かは、お店で聞いてみてください!!

お得なハングリージャックスアプリ 

ハングリージャックスのアプリはなかなか便利です。
アプリを起動させると近くの店にチェックインします。その後セットの割引やドリンク無料、ポテト無料などがランダムで当たります。時々ハングリージャックスを利用される方は持っていて損のないアプリです。

31562095_1486733344769847_2627617105716969472_n.png

Melbourne(メルボルン)観光~その7 Grampians National Park (グランピアンズ国立公園)

Grampians National Park(グランピアンズ国立公園)
メルボルン周辺観光地の1つで、ジブリ『もののけ姫』の山犬の住処との噂も!
IMG_20180218_145751.jpg


メルボルンから車で約3時間半
ツアー参加の場合は$105~(口コミを書くと安くなる場合もございます)
ツアー内容は、
・グランピアンズ山地をブッシュウォーキング
・ホールズギャップ
・リーズ展望台
・バルコニー
・マッケンジー滝
大体こんな感じです。

岩の端まで行ってる写真をよく見ますが、その場合はツアーでは危険だからという理由で撮れません。
岩の端で写真を撮りたい方は車で自力で行く必要がございます。※自己責任
車で行く方はキャンプ場があるのでキャンプなどで1泊する人が多いです!

IMG_20180218_132321.jpg

IMG_20180218_155152.jpg

IMG_20180218_144250.jpg

メルボルン周辺に住んでいるのであれば、一度は訪れたい場所の1つです。
是非訪れてみてください!!

Melbourne(メルボルン)観光~その6 Great Ocean Road!!!

メルボルン観光のメイン!
Great Ocean Road(グレートオーシャンロード)


今回は英語ツアーでGreat Ocean Road(グレートオーシャンロード)へ行ってきました!
金額:約$80 
金額は50~100ドルくらいでしょう。時々2人以上の参加でツアー後に口コミを書けば1人分無料というツアーもありますので、このツアーが運良く行きたい日程で空いていれば50ドルで行くことも可能です!

ツアーのメリット
自分で運転していないので好きな時に寝れて、メインスポットは押さえてくれるので、楽です。


IMG_20180211_102322.jpg

Twelve Apostles(十二の使徒)
IMG_20180211_144132.jpg
IMG_20180211_145900.jpg
自然の偉大さを感じられます。
IMG_20180211_155008.jpg

自分の中のメイン『Loch Ard Gorge』
ジブリの紅の豚、マルコの隠れ家のモデルになったと言われる入江です。
階段で入江に降りることが出来ます。
IMG_20180211_160055.jpg

IMG_20180211_160304.jpg

IMG_20180211_160640.jpg

IMG_20180211_161133.jpg

Great Ocean Road(グレートオーシャンロード)は絶対に訪れてほしいスポットの1つです!!
感動できること間違いなし。メルボルンやアデレードに滞在される際には是非訪れてみてください!!
おすすめです!

Melbourne(メルボルン)観光~その5 Puffing Billy Railway!!!

Puffing Billy Railwayへ行ってみました!
IMG_20180107_092428.jpg

行き方
メルボルンシティから電車で約1時間20分
Southern CrossからBelgrave行きへ乗り、終点まで乗ってください。

チケットの買い方
1、ネット(Puffing Billy Railwayのサイト)
2、現地購入

金額
スクリーンショット (38)
IMG_20170919_1635012.jpg

※現地でも購入できますが、チケットが売り切れていることがございますので、日程が決まっていれば事前にネットで購入するのが無難です。特にクリスマスや祝日は混みます。平日でもバレンタインデーなどはチケットが売り切れていたようです。

おススメチケット!
一番近いMenzies Creek!!!
奥の区間で用が無ければBelgraveからMenzies Creekの安い区間で十分です。一番の見どころは序盤で訪れます!
Lakesideまで行ってもいいのですが、時間が倍かかる点とあまり見どころがないので、一番近い区間で十分でした。
IMG_20180107_095553.jpg
IMG_20180107_124145.jpg

私は近場のチケットが買えなかったので、しょうがなくLakesideまで行きましたが正直Menzies Creekまでで十分だと思いました。
IMG_20180107_110212.jpg
IMG_20180107_112223.jpg

メルボルンに滞在しているのであれば一度は訪れてほしい場所の一つですので、是非メルボルンに来た際には行ってみてください。時々トーマスが走るそうですw

オーストラリアワーホリ~家の探し方~

ワーホリ期間中での家の探し方について書いていきます。
探し方は、ネットで探す、友達知人からの紹介、エージェント経由などございますが、一般的なのはネットで自分で探すことです。
家を探すときによく使われているのが『日豪プレス』、『Dengon Net』、『gumtree』の3つです。

『日豪プレス』
日本人向けのオーストラリア生活情報サイトで仕事の求人や住まい情報などを見ることが出来ます。

『Dengon Net』
メルボルンを中心とした生活情報サイト。メルボルンに住んでいる方が良く使うサイトです。仕事の求人や住まい情報などが載っています。(その他にもイベントや中古品の情報など)

『gumtree』

gumtreeは日本人に限らず他の国の方々も使っている情報サイトです。(もちろん英語)
日本人以外の国の方とシェアしたい方にオススメ。住まいや仕事の求人以外にも自転車や車などの情報も載っています。


家の探し方はどのサイトもやり方は同じ!!
1、サイトにアクセス
2、住まい情報で探す
3、気になる物件があれば、書かれている連絡先に問い合わせ(空き状況やインスペクション可能か)
4、返事待ち
5、インスぺ(重要!可能であれば必ず家の見学は行くようにして下さい!家によってルールも異なるのでチェック必須)
6、OKなら決定

日本人とのシェアハウスを探すのであれば日豪プレスかDengon Netがいいです。
日本人がいない家であればgumtreeで探すといいです。
時々日豪やDengonでも英語で書かれているシェアハウスがあるので、この場合は日本人が少なく他の国の方々がいる可能性が大いにあります。家によって異なりますのでオーナーに必ず確認をして下さい。

ちなみに自分はDengon Netで探しました。
メルボルンで2か所のシェアハウスに住みましたが両方共に日本人はいませんでした。
1件目:ドイツ、イギリス、韓国、日本(自分)
2件目:フランス、韓国、インドネシア、日本(自分)という組合せでした。

希望の家が見つかるかは運の要素がございますが、運が良ければすぐに見つかります。ただ運が悪ければ何度もインスぺに行って決まらないということもあります。この場合は自分の条件を下げるなど妥協点を見つけるか、根気強く探すかしかないです。

UBER Eats Driver になるには ~ in Melbourne

UBER Eatsとは、簡単に言えばデリバリーサービスです。
『UBER Eats』のアプリをダウンロードすれば、誰でも利用でき、登録されている好きなレストランからデリバリーを頼むことができます。
ではデリバリーする側(バイクでも自転車でもOK)、UBER Eats Driverになるにはどうしたらいいのか?を今回書いていきたいと思います。

まずアプリをダウンロードします。
『Uber Driver』
26197115_1369039799872536_2102277455_n.png

ダウンロード後、名前や住所など必要事項記入しましたら、
次は直接UBERオフィスへ行きで登録手続きを行います。
持ち物はパスポート、免許証(オーストラリア運転免許があればベスト、なければ国際免許でもOK!自転車でやる人も身分証明として必要です。)だけです。

住所
578 Plummer St, Port Melbourne VIC 3207, Australia
シティからはほんの少し離れた場所にオフィスがあります。自転車やバイクがある方は楽に行けます。
26174938_1369045686538614_1598640368_n.png

1、『受付』
オフィスに到着しましたら、入り口で受付をします。    ※Uber Officeは英語オンリーで日本語は通じません
この時に要件(UBER Eats Driverをやりたいので登録に来ましたなど)を伝えましょう。

2、『待機』
受付が終わると、受付の奥に案内され呼ばれるまで待機。

3、『登録』 ※紹介されてきた人は、このタイミングで伝えましょう。
呼ばれましたら、指示に従って聞かれたことを答えて下さい。簡単なのでご安心を。名前や生年月日、住所、パスポートや免許証の提示などをするだけです。あとは色々Uberについて説明してくれます。
説明後UBERバッグを受け取ります。

4、『登録 入力』
次にタブレット端末が置いてありますので、必要事項入力しましたら完了です。(操作方法は教えてくれます)
3日~1週間後にはUber Eats を始められる。

アプリ起動時に写真のような画面になればOKです。
Screenshot_20171106-133125.png
注意!!最初の週は1.2×などBoostはありません。数をこなして初めて発生します。
自転車やバイクは自分でご用意ください。(Gumtreeなどで安く買うことも可能です。←クオリティは保証しません)


・Boost(ブースト)
BoostとはUberが行っているプロモーションで、普段のレートから1.2倍、1.3倍など1回のデリバリー毎に追加でデリバリー代がもらえます。
例)普段$7のデリバリーの場合で1.3倍だと→$9.1 1回のデリバリーでもらえます。
写真のように時間が設定されているので、この時間内にオーダーもらえばBoost適用されます。
こなしたTrip数などで倍率も変化します。長いことやらなかったりするとBoostも発生しないこともあります。
Melbourne Cupの週は1.5×がありました!!
Screenshot_20171106-135246.png

実際いくらくらい稼げるのか?
自分の場合は他の仕事をやりながら、空いている時間や暇な時間でやっているので多くは稼げませんが、週$100~200は稼げました。(1日1~2時間)他の仕事で週750~800は稼いでいるので合わせて$1000超えることもありました。
家賃代だけUBERで稼ぐなどでもいいと思います。
UBER EATSをやっていた友達の話では、UBERだけで$400~$600くらいはいけるとのことです。(自転車)
バイクでデリバリーしている人は軽く週$1000を超える人もいます。マレーシア人等は週$1200越えもいました。

オーダー次第ですが1時間手取りで$25以上稼ぐことも可能です。オーダーが入らないと$10台です。
オーダーが入りやすい場所を見つけましょう!
前はメルボルンセントラル駅近くのエリザベスストリートとスワンストンストリートが多くオーダーがありましたが、UBERドライバー(ライバル)も多いのでオーダーが分散して取りにくいです。
2017年12月現在ではサザンクロス駅コリンズストリート側やサウスバンク(Bay St辺りまで)のほうがオーダーが入りやすい感じです。1時間$28ドル2時間で$56稼いだ時はサウスバンク8割、サザンクロス駅付近2割の割合で稼ぎました。
261743_841677276_n.png

Appendix

プロフィール

Yusuke sugano

Author:Yusuke sugano

最新トラックバック

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。